コルフ・アジア美術館デスピナ・ゼルニオティ館長への外務大臣表彰伝達式

2019/1/31
当地コルフ・アジア美術館デスピナ・ゼルニオティ館長が、平成30年度外務大臣表彰を受賞しました。

1月30日には、ギリシャにおける日本文化・芸術の理解促進に貢献してきた同氏のこれまでの功績が称え、公邸にて伝達式が行われました。

ゼルニオティ館長は、現在まで約13年にわたりコルフ・アジア美術館の館長を勤めています。同美術館の日本美術コレクションは、写楽の浮世絵を含む絵画から貴重な工芸品まで、約6200点にのぼります。

外務大臣表彰は、1983年に、我が国と諸外国との友好親善関係の増進に多大な貢献をされた個人および団体の功績を称え、その活動に対する一層の理解と支持を広めるために設立されました。

 
       



▶平成30年度外務大臣表彰
▶勲章・表彰